スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#18~最終話

一気にラストまで突っ走りました。
私はシーズン2から見始めたとはいえ、やはりあのラストから2への放送が空く期間は拷問ですよね。(笑)

ここで続くのぉ~~~~!?って感じですもんね。(^^;;;

アメリカでの本放送ではどのくらい間が空いたのでしょうか。
今日6話くらい一気に見て、色々と思ったことはあったのに、やっぱりラストが衝撃的すぎて、前のほうを見ながら思ったことを忘れそう~(^^;;


レオに葉っぱをかけられて、ジェドが弱腰を返上する回はかなり感動的。
そうそうトビーの元奥さんも出てきたんだった!美人だわユーモアあるわで、とっても素敵な人なのに、なんで別れちゃったのかしら~。議員なら忙しくて家庭が二の次になってしまうことも理解出来そうなものだけど。トビーって、今も左薬指に指輪してますよね…。
ジョシュはちゃんと仕事していて、これぞジョシュですよ。(笑)
ジョーイにちょっとちょっかい出しそうな感じも有りつつ、でも3ほどダメっぽくない。(苦笑)
頑張りすぎて、ステルス撃墜された兵士のことを取引に使ってしまってレオに怒られるところも可愛い。(^^;;
黒人の議員と部屋で討論?する回も良かったな~~
あとやっぱりサムね。サム。
一番グッときたのは、ローリーとの写真を撮られて、思い切り怒られると思いきや、トビーにもかばってもらって、ジェドからは素敵なお祝いの言葉まで貰って、そのときのロブ・ロウの表情が絶品で、こっちまで感動してしまった!
あと、ゾーイの学校に取材が入ってしまった件で、CJに、大統領と向き合え、って助言をするサムが、と~~~~~~っても格好良かったんだったっ!
本当に本当にシーズン1のサムって最高だなぁ~~。


あぁ~、返すがえすも、なんで間違ってシーズン2の1,2話を消去してしまったんだ;;
取りあえず1,2話を抜かして、またシーズン2をおさらいしようかな~。


そういえば、CJのジャッカル。この歌聴いたことある気がする…。
誰が歌ってるのかな…。
スポンサーサイト

#13~17

13話~17話まで見ました。

やはり前回書いた8~12話あたりからシーズン2に近い雰囲気を感じてきた、というのは、
そのまま変わりません。キャラクター全体が2と同化してきていて、今のキャラに落ち着いて
きたのが、このへんからだったんじゃないかな、と感じられました。
CJが、まだ少し小僧扱いというか(苦笑)報道官になってまだ1年、という立場だというのは、
今頃「そうだったっわ~」って思ったんですが。
少なくとも2や3では、みんなに釘を指されたり信用されてない風なそぶりを感じさせるところがなかたので、
弁護士だったとはいえサムだって政治とは関係ない仕事をしていたのに?と、ちょっとCJに同情してみたり。(笑)


こうして見ると、サムはやっぱり1と2と比べると、3では扱いが少しもの足りないな~
声優が違うせいもある?(笑)でもそれだけじゃ、やっぱりないと思うんだなぁ~;;
降りたのも、そのへんが関係あるのかしら…。
2もそうだったけど、1のサムは生き生きとしていてとても素敵。
具体的に何が違うとかって上手く言えないんだけど、1と2のサムは秀逸です。
逆にだんだん良くなっていくのはCJかな。1より2、2より3。


比べられないのが1しか出てないマンディ。
彼女の役割は、スタッフが仲間を思いやる気持ちが強いばかりに判断を誤る時の歯止め役。
これはシーズン3の、ブルーノら、ニューフェイスを思い出しますね。
やはり外部スタッフというのは、そういう役割になっちゃうのかな。
プロらしさは光るのだけれど、それがスタッフの人間味を引き出すポイントになっていて、
助演女優賞って感じでしょうか?(笑)好き嫌いは別として必要性を感じる役ですね。


ますます面白さを増す後半。
そういえば、ゾーイの警備にCSIの女性(すみません、女優さんの名前がわからない)が出ていることを発見。
続きが楽しみです~。

#9~12

どうも、せっかく買ったのに、なかなか先へと進めないのは、1話見ては感想をアップ、という作業をしていたため、ちゃんと見なくちゃ、というか、見ながら書いてる、みたいなことをしていたからなんですよねえ~。

てことで、取りあえず感想は後にして、先に進むことにしました;;
そしたら9~12話まで一気に見れた。(笑)
この辺りから、シーズン2に繋がる感じが出てきて、シーズン2から見始めた私には、結構たまらない感じです。
なんとなく、今まではよそ行きのTWWを見ていたような感じがしていた。
なんでだろう~~。よく分からないんだけど、シーズン1の最初のほうの回は、なじみのないものだった事が、この数回を見て分かってしまった。
シーズン2だって、最初に見たときには馴染みのないものだったのに。(当たり前/笑)

とりわけ11,12あたりは、レオの依存症問題、ジェドの病気あたりがクローズアップされているエピソードなので、胸にグッとくるものが~~~
そして、この先ゾーイとチャーリーがデートする、という障りのやりとりが出てきて、あ~、これがシーズン1ラストからシーズン2に繋がる展開に関わってくるんだ~と思うと、ドキドキしてしまいます。(ちょっとしたスターウォーズ気分?笑)

シーズン1では、CJとダニーは、相当、いや結構いい感じの展開になってたんですね。
でも、もう遅い。(笑)いや、私の中ではすっかりCJとトビーが微妙な関係として勝手に作り上げられているので、ダニーといい感じになってても、なにも感じない~~(^^;;
ときどき自分でも、なんでこんなハゲた短気なひねくれ男とCJという2人に盛り上がってんだろう、自分?と、我ながら謎だったりもするんですが…(笑)

それとジョシュとドナは、今のところ、シーズン2ほど2人に微妙さを感じないため、ちょっと物足りない…;;
でもジョシュは3よりも断然お仕事をしているので(笑)1のジョシュ、いいですっvv

#8 四面楚歌

可愛いジェド、、、、国立公園マニア、、、(笑)
そしてジョシュ。
「大統領なら不思議じゃありません。すごくオタクっぽいところが、おありですから」
許可を貰わないと帰れないジョシュが、意地悪されて(逆襲?笑)帰れないのも可愛い;;

レオが娘と語るのも可愛い。母さんは元気か、かぁ~。ちょっと哀愁を感じるなぁ~;;
しかし、その後のマロリー(って言うんだっけ、レオの娘)がサムをデート(じゃないと本人は言ってるが/笑)に誘うとは!(笑)
でも、それをちゃんとレオに許可をとるサムが好き。(笑)
そして、バースディーメッセージを、わざわざサムに言いつけるあたりが意地悪で可愛い、レオ。(^^;;
でもでも、レオが仕事を押しつけた事に気づかず、もくもくと頑張っていい原稿を書こうとするサムが、やっぱり更にイイ~。
ちなみに、最終的にトビーと争ってバースディーメッセージを書こうとして、トビーがわざとサムの文に茶々いれるのが、また可愛いvv

さて、閣議でジェドとホインズが揉めたことがダニーに漏れた事でピリピリする皆さん。
レオに「対処は任せる」と言われたCJがホインズと直接対峙するシーンは、結構いい感じだったなぁ。なんかちょっと、ホインズとCJもいいかも、とか思った。(笑)
今週はCJをダニーがくどいているんだけど、う~ん、嫌いじゃないけど、あんまりこの2人にはそそられないのが本音です。(苦笑)
「誰かが首になったら、おれは書くからな」という脅しはカッコ良かったけど~。

本音といえばマンディとジョシュも、あんまり……(苦笑)
最初はなんとも思ってなかったんだけど、フレンドリー?というか、あまりに近しいやりとりに、たんに嫉妬なんだけど。(爆)

ホインズとジェドの1対1のやりとりは意味深で気になる~。
ホインズを副大統領に選んだ時の様子って、具体的にどんなだったんだろう~
大統領のほうがわだかまりを持っていたなんて思わなかった~
ホインズのほうが敵視してたのかと思ってたんだもん。

ところでジョシュの「昔より敵が多くなった気がするんです」って、どういう意味なんでしょう。わからない~~~;;

#7 晩餐会

なんというか、とってもホワイトハウスらしい内容の回、という気がしました。

インドネシアの大統領を迎えての華やかな晩餐会が開かれる一方、あらゆる方面から問題が持ち上がる。その同時進行を描いた回でした。

どの問題も最初はユーモアを交えた、わりと軽いノリで語られるのに、後半にむけて全部がシリアスに変貌していくあたりもまた、このドラマらしいなぁ~と。

ドナが妖術使いに異様にこだわるのも可愛い(^^;;
問題に発展するトビーのスピーチも、サムと語っている時はそんなに緊迫感もなく、いつものやりとりって感じ。
ドナが探した通訳の件だって、本来は大問題なんだけど、軽~~いノリで語られていて。
巨大ハリケーンだって、最初ジョシュとCJが「知ってる?」レベルで語ってる時は、こんなことになるなんて思ってもみなかったし。
大統領と直接話をするのが偉い人じゃなくて、下のほうの軍人なのがウマイなぁ~;;
絶望的な会話をして、結局どうなったかが語られてないのも、逆に余韻を感じさせてウマイと思う。

トビーとインドネシアのバンバン氏のやりとりは、ドナの失敗によって思わぬ方向に~;
トビーの狼狽えて凹む姿がなんとも切ないけど、こういう失敗をするのがいかにもトビーらしくて、本当にソーキンはキャラクターをエピソードで表現するのが上手。
ある意味、トビーってみんなが客観的にイメージしてるアメリカ政府の代表みたいな存在だな、って、いつも思うんです。だから彼って、時々とても身勝手にみえる分、そんな役回りがちょっと切ない。(苦笑)

サムがローリーとカフェでやりとりをしてる所は可愛かったのに、晩餐会で会ってしまうところも非常に展開が面白い。そのときのサムの呆然とした表情がまたすっごくいいし、2人のときに見せるサムの怒りも、彼がとてもまっすぐな人である部分をよく表していてイイvv

そしてアビー登場で、ジェドが子供みたいに見えて可愛かった。(笑)
「私がいないと、あなたは自分が全知全能じゃないことを忘れちゃうのよね」
そのときのジェドの表情がホントにいい。人間臭い、素敵なやりとり。


私がこのドラマを好きなのは、ホワイトハウスの内情が分かるとか、政治問題に興味があるとかじゃ全然なくて(笑)登場する人物を表現するエピソードが、いちいちニクイくらいに上手くて、キャラクターに自然と思い入れできる点なんですよね~。
プロフィール

himekatww

Author:himekatww
日本語ドラマタイトル「ザ・ホワイトハウス」、原題「The West Wing」の個人的応援ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。