スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#3 報復攻撃

ジョシュとドナの会話、この頃のジョシュって、私が知るよりずいぶん上司っぽい感じ。
そしてドナは少し子供っぽい感じというか、お茶目さが多いかな。
いや、そうか、吹き替えの声の感じがちょっと違うんだ。ジョシュの声に若干迫力がある。

今は熟成された2人という感じ?
そういえば、その後のジョシュとCJの会話も、お互い今より迫力がある気がするかも?
シーズン1は、全体的にみんなテンション高いね~。大統領までもが、そう。(^^;
ちょっと見なれないせいか、頑張り過ぎに見えてしまうんだけど。(笑)

その中で、チャーリーの登場は、唯一、今が今なだけに(笑)なんてしおらしいの?!
遠慮深いチャーリーなんて、ちょっと笑える。(笑)
あ、そうそう、トビーがあまり変わらないかも。
CJがトビーに「サムの件でお話しが」って言って「なんで俺を巻き込むんだ!」って嘆くのが可愛い。(笑)

その後、レオ、ジョシュ、CJ、トビー、サムで話し合いをするシーンは、逆にこの高いテンションが迫力があってイイ感じだ~。なんかえらく新鮮。(笑)
トップ会談みたいな、国を動かしてるぞ~って感じなんだよね、なんか。
で、間の手みたいなジョシュの一言にCJのケリが後ろから入るのも可愛い(^^;

サムの声はやっぱり吉田栄作がいいなぁ…(苦笑)

しかしタイトル「報復攻撃」には驚かされるな~。ジェドが、こんなに報復に積極的になるというか、突っ走るなんて、シリーズ3を先に見ている私には別人28号に見えるくらい。
シーズン3で、トビーに、いわゆる弱腰を指摘されたジェドが、1ではこんな風だったなんて…。いや、本質は変わってないのかもしれないけど、こんなに自分の感情をコントロールしないキャラだったとは、そのことに驚きですよ。

更に驚きは、そのことについて、レオに説教くらうシーンですっ(@@);;
こういう所を見ると、本当に最初はジェドは脇役で、取り巻きメンバーが主役という、確固たる線引きがあったんだろうな~というのが感じられます。私見ですけど。
今もスタッフは主役だけど、ジェドの比率はスタッフと同じくらいになってるもんね。


マンディとジョシュ、いい感じだわねぇ~~~~
元カノと思わず同じ職場になるって、気の置けない相手なぶん、微妙だよね~
「アリーMy LOVE」のパターンもそうだけど。(^^)

チャーリーと大統領の出会いは、かなり好きvvv
チャーリーの感動の表情もいいし、大統領に良い印象を植え付けようと、チャーリーの閃きを言うようにけしかけるジョシュもいい!
そしてやっぱり何より、ちょっとした事に気がつくチャーリーがいい!
そしてそして、大統領がチャーリーに、お母さんの殉職の件で銃規制をすすめるから、と言って秘書になってくれるかな?と尋ねるシーンは感動的vvv

チャーリー「こんな気持ち、初めてです」
ジョシュ「一生、忘れないよ」

これでスタッフが揃いましたねvvv
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

himekatww

Author:himekatww
日本語ドラマタイトル「ザ・ホワイトハウス」、原題「The West Wing」の個人的応援ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。