スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#5 妙な陳情

でぇたぁ~~~、UFOおじさんっ!!(笑)
ここに出てきてたのか~~~(爆)サムの冷た~~い応対が笑える~~(^^;;;
冷たい応対といったら、CJと動物愛護団体?とのオオカミについての会話も笑える~;;
ところでタイトルの妙な陳情って、これのこと????それともジョシュ?

そして、ゾーイ初登場~*チャーリーと出会ってましたね、いい感じでvvv

さて、そのジョシュ。
こんな過去があったとは~~。でも私はシーズン2でのジョシュを先に見ているので、驚きとか意外性という点では、そんなになかったんですよ、実はねvvv
そうか~カウンセリングを受けた過去があったのですね~。
そしてそんな体験をしていたのね~。
子供の頃、火事でお姉さんを見捨てて逃げ、お姉さんだけが死んだという過去に悩まされるジョシュ。

天然痘ウィルスのことを聞いて、耐え切れなくなってCJに隔離施設のことを話し、それに対しCJが冷静に切り返すのもカッコ良かったけど、CJから「あなた、意外と優しいのね」と2度も言われ、なんとなく居心地悪そうなジョシュも良かったvv

彼は、自分が優しいからCJに話したわけじゃないと、心の中で思ってたんじゃないかな。
過去の体験が、彼に後ろめたさを思い出させて、そのことに耐えられなかったという感じがした。だから休んでいたカウンセリングにも言ったんだろうし。
こういう“弱さ”というか、やっぱりこれもトラウマですよね、トラウマを持ってしまうジョシュが、たまらないんですよねぇ~~
最後、パーティーで大統領に施設へ入るカードを返したジョシュ。
それでやっと肩の荷が下りたという感じ。
今回のことだけじゃなく、お姉さんのことも少しは楽になったのかも。

いざという時には、仲間やドナと一緒に死ぬことを選ぶ、というジョシュには、でもどちらかというと、この言葉が表す、本来感じるべき男らしさ、潔さみたいなものは感じず、やっぱり過去から少し前進できた、過去への追悼みたいな、自分の中の理屈でそうした、というイメージを、私は感じました。

でも、そんなところも、かわいいの…(^^;;(はぁと)
あ、そうそう、シーズン2のトラウマの切っ掛けが「音楽」だったのも、お姉さんの「アヴェ・マリア」が、実は少しは関係していたのかなぁ~?それは考えすぎ?(笑)


で、私が今回さらにツボだったのが、大統領とトビー。
最近のお気に入りだからかしら~トビー?(笑)

シーズン3での、2人の激しい対立を思い出します。
今回はシーズン3ほど険悪ではないし、トビーが可愛く悩んでいる(手をあげても、指してもらえない子供だって、可愛い、、、笑)ぶん、パーティーでの和解する2人が微笑ましかった!
大統領の「キミがいてくれてよかった」に、トビーと一緒にジ~~ン!(笑)
ジェドの自己分析に、トビーがそれを肯定すると、きっとそうなんだろうな、とジェドが素直に認めるところが可愛いのですよvvv
トビーって、不思議なことに、ジェドと長いつきあいのレオとはまた違った視点でジェドをよく見てるよな~と、感心する。
やはり広報として、文章を書く人間というのは、人間観察とかにも優れているのかな。
それとも、まだ私が知らないトビーの過去で、ジェドと似ている部分とかがあるのかな。
だからあんなによくわかっちゃうのかな。


前の回に引き続き、とても大好きな回でしたっ!!(^^)??
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

himekatww

Author:himekatww
日本語ドラマタイトル「ザ・ホワイトハウス」、原題「The West Wing」の個人的応援ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。